お金に困らず計画的な出産をした時の体験談

お金に困らず計画的な出産をした時の体験談

お金に困らず計画的な出産をした時の体験談

妊娠前後は特にお金が減りやすい。

 

私は今、第2子を妊娠中だが、妊婦検診、出産費用、育児関連用品の購入に加えて、会社員私が育休に入ることで失う定期的な給与、など考えるほどにお金の状況を考えると現実が怖くなることがある。

 

この状態を防ぐためには、家計の状況をきちんと知ることが必要だ。 家計の状態をきちんと知ることで、妊娠前後のお金がない状況も、落ち着いて乗り越えることができ。

 

そのために必要な第一のことは、きちんと家計簿を継続的につけることだ。
我が家の場合、家計簿をつけることで、毎月の収支を把握する事ができた。
継続的な家計簿の記入により、妊娠前1年間ほどの収支状況を理解できたので、月平均あたりの家賃、食費、子供費、光熱費、などのおおよその出費を先に取り決めた。

 

その中で、先取り預金を行った。
そうすることで、限られた予算内で贅沢を楽しむ方法と、無駄遣い減らす感覚を身につけることができた。
ついでに計画的に貯金も増やす事ができた。

 

第2に必要なのは、計画的な必要品の購入だ。
ベビーベッド、チャイルドシート、はたまた子供用衣服の購入など、次から次へと購入の必要があるものが増えてくる。

 

その中から事前に必要なものを計画的にピックアップし(少なくとも2−3ヶ月前に)本当に必要か、代用できるものはないか、2ー3ヶ月後も本当に必要だと思うか?を良く吟味した。
そうすることで、購入数を減らし、必要なものを厳選して持つことで、無駄遣いを減らし、お金がない状況を乗り越える子とができたと感じる。

 

収支の現状把握と計画的な必要品の購入。
今後またお金で悩むこともあるだろうが、しっかりと忘れずに過ごしていきたい。


ホーム RSS購読 サイトマップ